FX初心者のチャート分析サイト

>

どうやって分析するの?

どんな分析方法があるのか

チャートの分析はテクニカル分析とも呼ばれ、そちらの呼び方の方が広く浸透しています。
そしてテクニカル分析は長期間の投資なのか短期間の投資なのかで変わってきます。
まずは簡単に相場の説明から始めていきます。

相場をしっかり観察していると、二つの特徴が出てきます。

まずは為替のレートがある一定の方向に向かって進むタイプ。
これをFXではトレンド相場と呼びます。

そして次に一定の範囲での価格の上下を繰り返すタイプ。
こちらはボックス相場、またはレンジ相場と呼びます。

ロウソクでは分かりにくいという場合、バーチャートを利用するといいかもしれません。

チャートだけをみて大まかに予測するのもいいですが、数値などを使ったより根拠のある分析の方が投資に成功しやすい傾向にあります。

どんなときなら有効なのか?

チャートの分析によって為替レートの変動を予測していく方法は、ネットに数多く上がっています。
それだけ完全に確実性のある方法はないということでしょう。

一例として、簡単に分析方法の名前と概要をあげてみます。
テクニカル分析は過去の相場の動きであったり時系列をみて予想するものです。
また、コンピューターなどを利用して相場の動きを探るという方法もあります。
ファンダメンタル分析というのは、自分の中の感覚であったりチャートの動きだけをパッと見て判断するタイプのものです。

しかし、それでも完璧には読み切れません。
チャート分析はどこまで効果があるのでしょうか?

これらの分析方法は、あくまでも予想に一役買うだけにすぎないというのが大抵の考え方です。
盲信することは結果として失敗しやすくなる可能性もあるのです。
あくまでも、特徴的な相場の場合これらの分析は効果を発揮すると思うだけにとどめるべきでしょう。